no-image

丸まらないハリネズミ

日本でペットとして飼えて

一般的なのは

ヨツユビハリネズミ

という種類です。

昔から根強い人気はあるのですが

近年ブームっちゃブームで、

診察する機会が多くなってきました。

ハリネズミはこんなに武装して

守りに特化してるわけですから

本来はそんなに触らせてはくれません。

飼い主さんならまだしも

初対面の獣医なんかには特に。

診察しようとするとすぐ丸まって

小ジャンプして防御態勢になってしまうので

丸まったハリネズミを囲んで

飼い主さんと談笑でもしつつ

丸まりが解けるのを気長に待つ

という奇妙な診察になることが多いです。

しかし今日きたこの子は違った!

保定なし鎮静なしで

心臓の音や 肺の音

さらには、お腹をグニグニさわっても

丸まって防御しない!

国内繁殖が進み、

小さい頃から人に慣らしている個体が

増えているのかもしれません。

ハリネズミは2歳を過ぎたり

歳を食ってくると

お腹の腫瘍や心臓の病気も多いものです。

こうやって触れるととっても楽だな‥と

ちょっと感動しました。