ごあいさつ

MESSAGE

ごあいさつ画像

院長

屶網 慶 KEI NATAAMI

よく聞き、
よく話し合い、
暮らしに寄り添う

イヌ・ネコをはじめとして、ウサギ・カメ・トカゲ・イモリなど多くの種類のどうぶつの病気やケガを癒せる場所をつくりたい。
近隣の皆様の温かいご協力もあり、世田谷区用賀に開院することとなりました。

獣医の仕事は直接的にはどうぶつを治療することですが、その本質は「どうぶつを通して人をより良い生活に導くこと」ではないかと考えています。私はお話しをすることが大好きですので、病気やケガのことはもちろん、飼育のこと、日々のこと、趣味のこと、なんでも気軽にお話しにきてください。気兼ねのない雑談をしながら、しっかり確定診断・診療を行い、どうぶつとそのご家族の方の暮らしが少しでも良くなるような獣医療を目指します。

私は水産大学を出て一般企業に務めたのち獣医大学に編入するというやや特殊な経歴です。犬・猫・小動物・爬虫類等を診察する病院で臨床経験を積んできましたが、それ以前の魚や海を通して得た感覚、サラリーマンとして勤務した社会人経験など、通常とはちょっと違った視野を持つ獣医師なのかもしれません。多角的な経験を活かしながら診察していきたいと思います。

獣医大学時代は寄生虫の研究をしていましたので、便検査に自信があります。便を詳しく見ることで分かることはたくさんあります。おなかの調子がよくない時はもちろん、どうぶつをおうちにお迎えした際の初期健康チェックなど、いつでも受け付けていますのでご相談ください。

ごあいさつ画像2

略歴

県立千葉東高等学校 卒業
東京水産大学 卒業(現東京海洋大学)
日本獣医生命科学大学 卒業

東京都、広島市、被災後の石巻等の
動物病院に勤務

所属団体

エキゾチックペット研究会
爬虫類・両生類の臨床と病理のための研究会

執筆

雑誌「エキゾチック診療 vol.35」エキゾチック動物の3大疾患㈼「モルモットの外部寄生虫」
:獣医専門雑誌にモルモットのダニやハジラミについて書きました

症例発表

「悪性末梢神経鞘腫の外科的切除を行ったコビトハツカネズミMus minutoidesの1例」
:アフリカチビネズミといわれるコビトハツカネズミにできた腫瘍を摘出した症例です

「ヒョウモントカゲモドキのリンパ腫に対して化学療法を行った1例」
:ヒョウモントカゲモドキに現れたリンパ腫に対して抗がん剤を投与し一定の効果を得た症例です

「ウサギの腎細胞癌の1例」
:ウサギの腎臓にできた小さなできものをエコーを見ながら針を刺し、腎細胞癌と診断しました。その後その腎臓の摘出を行い、イオジキサノール試験という方法で腎機能がどうなるかを追った症例です

「口腔内扁平上皮癌に対してカルボプラチンの局所療法を行ったケヅメリクガメの1例」
:ケヅメリクガメの口の中にできた癌に対してその場所に抗がん剤を注射することで一定の効果を得た症例です

「ゾウの消化管内繊毛虫 Polydiniella mysorea の系統分類学的研究」
:ゾウの消化管内にのみ生息する寄生虫について分類の研究を行いました

共同研究・共著

Infraciliature of eight Triplumaria species (Ciliophora, Entodiniomorphida) from Asian elephants with the description of six new species.(アジアゾウにおける6種のTriplumaria属の新種記載と8種の繊毛構造)
:アジアゾウに棲む寄生虫の新種記載に協力しました

Process of true ambicoloration in larval and juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus: An ultrastructural study (ヒラメ稚魚における真の両面有色のプロセス:電子顕微鏡的観察)
:養殖ヒラメの裏側が黒くなってしまう現象について発生段階ごとに皮膚を電子顕微鏡で観察した研究です

趣味

釣り(主にルアーでのシーバス釣り) 

どうぞお気軽にお問い合わせください

お電話又はインターネットからの予約制
予約のない当日診療も可能です

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-31-19

田園都市線 用賀駅徒歩5分

03-6447-9181

ペット保険(アニコム・iPet)、
クレジットカード払い対応