院内紹介

FACILITY

外観・院内

BUILDING

外観

薄い青の壁にオレンジの木、うさぎとかめの黒い看板があります。

駐輪スペース

建物入り口の左脇にあります。

受付

お気軽にお声がけください。受付で直接予約もできます。

待合

こちらでお待ちいただけます。

診察室

診察室は2つあります。

手術室

手術やレントゲン撮影その他を行います。

入院室

犬・猫用は1階、小動物用は2階に分かれています。

温室

鳥や爬虫類など温度管理が必要な治療に使用します。

機器・設備

FACILITY

エコー

エコー

人のエコー(超音波)検診と同じく、痛みや負担がなく心臓や肝臓・脾臓・腎臓・副腎・膀胱などをリアルタイムで観察することができます。
飼い主さまと一緒にいる方が安心して検査にのぞめることが多いため、エコーの様子を飼い主さまと一緒に見ながら検査・解説をします。ワンちゃんの心臓病の評価、がんの早期発見、膀胱炎、子宮蓄膿症腹水、胸水、爬虫類・鳥類の卵関係の疾患などに特に威力を発揮します。

レントゲンCRシステム

レントゲン室で撮影した画像はデジタル出力されます。診察室で一緒に画像を確認しながら説明を行います。アナログに比べ、すばやく出力することが可能のためお待たせする時間はほぼありません。

内視鏡

小型犬や猫、その他小動物にも使いやすい一般より細い径の内視鏡を使っています。異物をたべてしまった時、下痢が続くどうぶつの胃腸粘膜の組織を採取して調べたい時など、開腹手術よりもはるかに負担が少なく処置をすることができます。

人工呼吸器

呼吸が停止した際に補助呼吸をする機械です。緊急時はもちろんですが爬虫類の麻酔時には必須の装置です。その他、PEEPという換気が可能で肺水腫などの緊急時にも役立ちます。

ハーモニックスカルペル

血管を超音波により止血、切断する機械です。従来の手術では血管を糸で縛っていたため体内に糸が残り、まれに炎症を起こすことがありました。この装置は糸を使わないことで手術時間も大幅に短縮でき麻酔も少量ですみます。

血液凝固検査機器

血液の固まる能力をしらべる機械です。どうぶつでも生まれつき血が固まりにくい子がいます。それを知らないまま手術を行うと大変危険ですので手術前に検査をします。(避妊去勢も含む)
また、悪性腫瘍や膵炎など重篤な疾患では、ショック状態になる前に血液が固まりにくくなる場合があります。それをいち早く捉えることで救える命があります。

どうぞお気軽にお問い合わせください

お電話又はインターネットからの予約制
予約のない当日診療も可能です

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-31-19

田園都市線 用賀駅徒歩5分

03-6447-9181

ペット保険(アニコム・iPet)、
クレジットカード払い対応